大腸内視鏡検査について

国内学会

第35回日本肝癌研究会 (平成11年6月10日-11日, 国立京都国際会館)
藤島知則、伊地知秀明、椎名秀一朗、今村雅俊、寺谷卓馬、小尾俊太郎、浜村啓介、佐藤新平、小池幸宏、段佳之、吉田英雄、赤松雅俊、今井康雄、加藤直也、吉田晴彦、小松裕、川邊隆夫、白鳥康史、小俣政男
肝癌治療に伴う肝膿瘍をどのように防止できたか

第36回日本肝癌研究会 (平成12年6月22日-23日, 京王プラザホテル)
藤島知則、建石良介、小池幸宏、佐藤新平、小尾俊太郎、今村雅俊、浜村啓介、段佳之、寺谷卓馬、椎名秀一朗、吉田晴彦、白鳥康史、小俣政男
若年者肝細胞癌の臨床的検討

第37回日本肝癌研究会 (平成13年6月8日-9日, 海峡メッセ下関)
藤島知則、小尾俊太郎、建石良介、赤松雅俊、小池幸宏、佐藤新平、今村雅俊、浜村啓介、寺谷卓馬、今井康雄、石川隆、椎名秀一朗、吉田晴彦、白鳥康史、小俣政男
CTAP/CTAの適応- どのような症例に行うべきか

第5回日本肝臓学会大会(平成13年10月17日-18日, 国立京都国際会館)
藤島知則、建石良介、赤松雅俊、小池幸宏、佐藤新平、小尾俊太郎、今村雅俊、寺谷卓馬、浜村啓介、石川隆、椎名秀一朗、吉田晴彦、白鳥康史、小俣政男
若年者肝細胞癌の臨床的特徴

第88回日本消化器病学界総会 (平成14年4月24日-26日, 旭川市民文化会館)
ワークショップ
藤島知則、吉田晴彦、椎名秀一朗、小尾俊太郎、寺谷卓馬、浜村啓介、佐藤新平、小池幸宏、赤松雅俊、建石良介、菅田美保、石川隆、白鳥康史、小俣政男
脂肪化を伴った肝細胞癌の診断とその背景

第38回日本肝癌研究会 (平成14年5月23日-24日, 東京ドーム)
藤島知則、吉田晴彦、椎名秀一朗、小尾俊太郎、寺谷卓馬、浜村啓介、佐藤新平、小池幸宏、赤松雅俊、建石良介、菅田美保、石川隆、白鳥康史、小俣政男
脂肪化を伴った小肝細胞癌の血行動態を中心とした背景

第40回日本肝臓学会総会(平成14年6月3日-4日, シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル)
藤島知則、吉田晴彦、小尾俊太郎、椎名秀一朗、峯規雄、近藤祐嗣、山敷宣代、菅田美保、建石良介、佐藤新平、寺谷卓馬、石川隆、川邊隆夫、小俣政男
CTAP/CTAで指摘された小結節のプロスペクティブな検討

第38回日本肝臓学会総会(平成14年6月13日-14日, 大阪国際会議場)
藤島知則、小尾俊太郎、椎名秀一朗、寺谷卓馬、浜村啓介、佐藤新平、小池幸宏、赤松雅俊、建石良介、菅田美保、石川隆、吉田晴彦、白鳥康史、小俣政男
脂肪化を伴った小肝細胞癌の背景; 血行動態を中心として

第10回肝血流動態イメージ研究会(平成16年1月31日-2月1日, 東京商工会議所)
シンポジウム
藤島知則、吉田晴彦、小尾俊太郎、椎名秀一朗、峯規雄、近藤祐嗣、山敷宣代、菅田美保、建石良介、佐藤新平、寺谷卓馬、石川隆、川邊隆夫、小俣政男
CTAP/CTAで指摘された小結節のプロスペクティブな検討

第8回日本肝臓学会大会(平成16年10月21日-24日, 福岡国際会議場)
ワークショップ
藤島知則、椎名秀一朗、小俣政男
CTAP/CTHAで指摘された小結節のフォローアップによる検討

第41回日本肝癌研究会 (平成17年6月2日-3日, 幕張メッセ)
ワークショップ
藤島知則、吉田晴彦、小尾俊太郎、椎名秀一朗、菅田美保、建石良介、赤松雅俊、増崎亮太、近藤祐嗣、峯規雄、山敷宣代、寺谷卓馬、川邊隆夫、小俣政男
Angio-CTによる肝細胞癌の診断;検査適応の決定と非定型所見を示す腫瘍の治療方針

第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (平成25年5月17日, テトリア熊本ビル)
藤島知則*1 宮原雅子*2 前田宏美*3 今村茂樹*3 吉川雄一郎*3 加賀谷浩基*3 赤芝知己*3 平井愛山*3
医療法人社団桐佑会藤島クリニック*1 一宮町保健センター*2 千葉県立東金病院*3
地域ぐるみの糖尿病重症化防止(8)ボーダーライン知能の顕性腎症1型糖尿病患者への取り組み

第20回日本肝臓学会大会(平成28年11月3日, 神戸コンベンションセンター)
医療法人社団桐佑会藤島クリニック・消化器内科
藤島 知則*1 三木 巌*2 佐藤 新平*3 東郷 剛一*4
医療法人社団桐佑会藤島クリニック・消化器内科*1 医療法人社団桐佑会札幌藤島クリニック・消化器内科*2 杏雲堂病院・消化器肝臓内科*3 国際医療福祉大山王メディカルセンター・消化器内科*4
無床診療所におけるインターフェロンフリー経口抗ウイルス療法の安全性の検討

■国際学会

American Association for the Study of Liver Diseases (2000.5.21-24, San Diego)
T. Fujishima, Y. Koike, S. Sato, S. Obi, M. Imamura, K. Hamamura, Y. Dan, T. Teratani, S. Shiina, H. Yoshida, Y. Shiratori, M. Omata
Unique clinical profiles of patients with hepatocellular carcinoma less than 50 yeas old

American Association for the Study of Liver Diseases (2002.5.19-22, San Francisco) 
T. Fujishima, H. Yoshida, S. Shiina, S. Obi, T. Teratani, K. Hamamura, S. Sato, Y. Koike, M. Akamatsu, R. Tateishi, M. Kanda, T. Ishikawa,Y. Shiratori, M. Omata
Hemodynamic study on hepatic small nodules; the mechanism of fatty change in hepatocellular carcinoma

American Association for the Study of Liver Diseases (2004.5.15-20, New Orleans) 
Fujishima T, Yoshida H, Obi S, Shiina S, Kondo Y, Yamashiki N, Kanda M, Tateishi R, Sato S, Teratani T, Ishikawa T, Kawabe T, Omata M
Prospective Evaluation of Hepatic Small Nodules: Radiographic Findings and Probability of Hepatocellular Carcinoma

Asian Pacific Association for the Study of the Liver (2005.8.18-21, Bali, Indonesia)
Fujishima T, Yoshida H, Obi S, Shiina S, Kanda M, Tateishi R, Akamatsu M, Masuzaki R, Kondo Y, Mine N, Yamashiki N, Teratani T, Kawabe T, Omata M
Prospective Evaluation of Hepatic Small Nodules: Radiographic Findings and Probability of Hepatocellular Carcinoma

Asian Pacific Association for the Study of the Liver Single Topic Conference (2018.5.11-13, Yokohama, Japan)
Fujishima T
Malignant lymphoma after hepatitis C treatment with direct-acting antivirals

■論文のリスト

1: Koike Y, Yoshida H, Shiina S, Teratani T, Obi
S, Sato S, Akamatsu M, Tateishi R, Fujishima T, Hoshida Y, Kanda M, Ishikawa T,Shiratori Y, Omata M.
Changes in hepatic functional reserve after percutaneous tumor ablation for
hepatocellular carcinoma: long-term follow up for 227 consecutive patients with a single lesion.

Hepatol Int. 2007 Jun;1(2):295-301. doi: 10.1007/s12072-007-9001-x.
PMID:19669353

2: Fujishima T, Ishikawa T, Shiratori Y, Kanda M, Tateishi R, Akamatsu M, Koike Y, Sato S, Obi S, Hamamura K, Teratani T, Shiina S, Yoshida H, Kawabe T, Omata M.
Age-related comparison of the profiles of patients with hepatocellular carcinoma.
Hepatogastroenterology. 2006 Nov-Dec;53(72):913-8.
PMID: 17153452 [PubMed - indexed for MEDLINE]

3: Shiina S, Teratani T, Obi S, Sato S, Tateishi R, Fujishima T, Ishikawa T, Koike Y, Yoshida H, Kawabe T, Omata M.
A randomized controlled trial of radiofrequency ablation with ethanol injection for small hepatocellular carcinoma.
Gastroenterology. 2005 Jul;129(1):122-30.
PMID: 16012942 [PubMed - indexed for MEDLINE]

4: Fujishima T, Yoshida H, Obi S, Shiina S, Kanda M, Tateishi R, Akamatsu M, Koike Y, Sato S, Teratani T, Kawabe T, Shiratori Y, Omata M.
Analysis of factors influencing hepatocellular carcinoma detection: efficient use of computed tomography during arterial portography and during hepatic arteriography.
J Gastroenterol. 2005 Mar;40(3):266-73.
PMID: 15830286 [PubMed - indexed for MEDLINE]

5: Akamatsu M, Ishikawa T, Shiratori Y, Koike Y, Shiina S, Teratani T, Hamamura K, Obi S, Sato S, Tateishi R, Fujishima T, Imai Y, Yoshida H, Omata M.
Factors predisposing to poorly differentiated hepatocellular carcinoma and its recurrence.
Hepatogastroenterology. 2005 Mar-Apr;52(62):391-7.
PMID: 15816443 [PubMed - indexed for MEDLINE]

6: Tateishi R, Yoshida H, Shiina S, Imamura H, Hasegawa K, Teratani T, Obi S, Sato S, Koike Y, Fujishima T, Makuuchi M, Omata M.
Proposal of a new prognostic model for hepatocellular carcinoma: an analysis of 403 patients.
Gut. 2005 Mar;54(3):419-25.
PMID: 15710994 [PubMed - indexed for MEDLINE]

7: Tateishi R, Shiina S, Teratani T, Obi S, Sato S, Koike Y, Fujishima T, Yoshida H, Kawabe T, Omata M.
Percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. An analysis of 1000 cases.
Cancer. 2005 Mar 15;103(6):1201-9.
PMID: 15690326 [PubMed - indexed for MEDLINE]

8: Akamatsu M, Yoshida H, Obi S, Sato S, Koike Y, Fujishima T, Tateishi R, Imamura M, Hamamura K, Teratani T, Shiina S, Ishikawa T, Omata M.
Evaluation of transcatheter arterial embolization prior to percutaneous tumor ablation in patients with hepatocellular carcinoma: a randomized controlled trial.
Liver Int. 2004 Dec;24(6):625-9.
PMID: 15566514 [PubMed - indexed for MEDLINE]

9: Teratani T, Yoshida H, Shiina S, Obi S, Sato S, Koike Y, Hamamura K, Akamatsu M, Fujishima T, Imai Y, Kawabe T, Shiratori Y, Omata M.
A novel display of reconstruction computed tomography for the detection of small hepatocellular carcinoma.
Liver Int. 2004 Dec;24(6):619-24. Erratum in: Liver Int. 2005 Feb;25(1):196.
Haruhiko, Yoshida [corrected to Yoshida, Haruhiko]; Shuichiro, Shiina [corrected to Shiina, Shuichiro]; Shuntaro, Obi [corrected to Obi, Shuntaro]; Shinpei, Sato [corrected to Sato, Shinpei]; Yukihiro, Koike [corrected to Koike, Yukihiro]; Keisuke, Hamamura [corrected to Hamamura, Keisuke]; Masatoshi, Akamatsu [corrected to Akamatsu, Masatoshi]; Tomonori, Fujishima [corrected to Fujishima, Tomonori]; Yasuo, Imai [corrected to Imai, Yasuo]; Takao, Kawabe [corrected to Kawabe, Takao]; Yasushi, Shiratori [corrected to Shiratori, Yasushi]; Masao, Omata [corrected to Omata, Masao].
PMID: 15566513 [PubMed - indexed for MEDLINE]

10: Akamatsu M, Yoshida H, Shiina S, Teratani T, Tateishi R, Obi S, Sato S, Koike Y, Fujishima T, Ishikawa T, Shiratori Y, Omata M.
Neither hepatitis C virus genotype nor virus load affects survival of patients with hepatocellular carcinoma.
Eur J Gastroenterol Hepatol. 2004 May;16(5):459-66.
PMID: 15097037 [PubMed - indexed for MEDLINE]

11: Watabe H, Shiratori Y, Tateishi R, Fujishima T, Akamatsu M, Koike Y, Obi S, Hamamura K, Sato S, Teratani T, Shiina S, Omata M.
Clinical features of patients with HCC who are negative for both HBV and HCV markers.
Hepatogastroenterology. 2003 Nov-Dec;50(54):2157-60.
PMID: 14696486 [PubMed - indexed for MEDLINE]

12: Tanaka Y, Takayanagi M, Shiratori Y, Imai Y, Obi S, Tateishi R, Kanda M, Fujishima T, Akamatsu M, Koike Y, Hamamura K, Teratani T, Ishikawa T, Shiina S, Kojiro M, Omata M.
Congenital absence of portal vein with multiple hyperplastic nodular lesions in the liver.
J Gastroenterol. 2003;38(3):288-94. Review.
PMID: 12673454 [PubMed - indexed for MEDLINE]

13: Obi S, Shiina S, Imamura M, Teratani T, Satoh S, Koike Y, Ishikawa T, Akamatsu M, Fujishima T, Tateishi R, Omata M.
[Management of complications associated with local ablation therapy for hepatocellular carcinoma]
Nippon Rinsho. 2001 Oct;59 Suppl 6:606-11. Review. Japanese. No abstract available.
PMID: 11762021 [PubMed - indexed for MEDLINE]

14: Hirano K, Kondo Y, Teratani T, Obi S, Fujishima T, Hoshida Y, Tateishi R, Sato S, Koike Y, Shiina S, Imai Y, Shiratori Y, Omata M.
Hepatocellular carcinoma depicted as hypoattenuation on CT hepatic arteriography (CTA) and hyperattenuation on CT during arterial portography (CTAP).
J Gastroenterol. 2001 May;36(5):346-9.
PMID: 11388399 [PubMed - indexed for MEDLINE]

15: Teratani T, Shiina S, Obi S, Hamamura K, Koike Y, Akamatsu M, Fujishima T, Tateishi R, Imai Y, Shiratori Y, Omata M.
[Percutaneous tumor ablation therapy for the advanced stage of HCC]
Gan To Kagaku Ryoho. 2000 Sep;27(10):1496-500. Japanese.
PMID: 11015992 [PubMed - indexed for MEDLINE]

■一般雑誌、図書、講演

ウイルス性肝炎. Human Science May 2000: 22-25

C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法の実際. Medical Digest 49(4): 18-26, 2000

C型肝炎: ウイルス、病態、診断. Annual Review 2001 消化器: 238-241, 2001, 中外医学社

ウイルス肝炎の臨床の現状と未来 -HCV発見後から-. Medical Practice 19(6): 926-930, 2002

肝疾患におけるインターフェロン治療の新たな展開. 肝胆膵: 45(6): 1039-1044, 2002

肝細胞癌の内科的治療-RFAを中心として-. エキスパートに学ぶ治療戦略: 161-164, 2003, 総合医学社

消化器内科レジデントマニュアル 東京大学消化器内科 編: 43-46, 324-326, 2003, 医学書院

"シャーロック"肝臓病学,2004,西村書店(翻訳協力)

肝がん検診の二次精検. 住民検診・職域検診・人間ドックのためのがん検診計画ハンドブック: 107-109, 2004, 南江堂

ラジオ波焼灼療法 安全で効果的な肝癌治療テクニック: 6, 8, 55-56, 2005, 医学書院

科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2005年版, 2005, 金原出版株式会社 (研究協力者)

肝疾患クリニカルパス実例集: 112-128, 2005, メディカルレビュー社(共著)

肝炎と肝癌 広報 長生こういき 2006年2月号

経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)による肝癌の治療 
茂原市長生郡医師会公立長生病院との病診連携症例懇話会 
2006年3月20日

当院におけるオルメテックの使用経験 
茂原市長生郡医師会学術講演会
2009年3月24日

肝炎撲滅
市民公開講座 茂原市市民会館
2010年11月13日

私の診療室 帝京大学ちば
総合医療センターセンターニュース
第58号(2011年10月発行)

肝炎撲滅 〜治せるC型肝炎〜
市民公開講座 茂原市市民会館
2011年11月12日

当院におけるネキシウムの使用経験
第4回茂原市長生郡若手医師勉強会 プラザヘイアン茂原
2012年3月23日

当院におけるネキシウムの使用経験-206例の検討
NEXT LECTURE MEETING 御宿海のホテル
2012年11月20日

骨粗鬆症治療におけるリカルボン50mgへの期待
かずさ実地医家情報交換会 プラザヘイアン茂原
2013年7月24日

ビルダグリプチンの有効性に関わる因子の検討
E-quality サミット2013 グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
2013年12月7日

消化性潰瘍ガイドラインに基づいたPPIの使用法
-当院におけるエソメプラゾール処方373例の検討

茂原市長生郡生活習慣病懇話会 プラザヘイアン茂原
2014年4月15日

コントロール困難症例におけるトホグリフロジンの効果
SGLT2 SUMMIT パシフィコ横浜会議センター
2015年1月18日

知ろう治そう慢性肝炎
市民公開講座 茂原市市民会館
2015年2月14日

コントロール困難症例におけるSGLT2阻害剤の効果
外房地域糖尿病勉強会 九十九里ヴィラそとぼう
2015年2月23日

スーグラの使用経験
糖尿病フォーラム プラザヘイアン茂原
2015年3月13日

H.pylori・胃食道逆流症(GERD)治療における
新規酸関連疾患治療薬“タケキャブ”への期待
薬剤師会講演会 茂原市民センター
2015年3月19日

SGLT2阻害剤の使用経験
茂原糖尿病懇話会 プラザヘイアン茂原
2015年5月15日

素朴なギモン先生、聞いてもいいですか? 朝起きたとき、胸やけがするのですが?
ホームドクター2015-2016札幌・江別・石狩・北広島: 11,
2015年5月31日発行, ぶらんとマガジン社

知ろう治そう慢性肝炎
緑友会教養講座 森林公園会館
2015年9月5日

病気のアレコレ専門医が答えます 胃もたれが続いています。病気ですか?
ホームドクター2016白石区・厚別区・江別市版: 13,
2015年11月30日発行, ぶらんとマガジン社

ルビプロストンの使用経験
山武郡市医師会講演会 蓬莱閣(千葉県東金市)
2015年12月9日

これは知っておきたいB型肝炎診療
旭市薬剤師会講演会 旭中央病院
2015年12月17日

これが出来れば大丈夫!!腹部エコー
Next Lecture Meeing in 外房 ホテル一宮シーサイドオーツカ
2016年4月22日

今こそ治そうC型肝炎
まんまる新聞 診察室から
2016年7月8日号、くらしの新聞社

機能性ディスペプシアってなに?
まんまる新聞 診察室から
2016年10月21日号、くらしの新聞社

今こそ知ろう治そう肝臓病
外房地区・肝臓病市民公開講座 茂原市市民会館
2016年11月13日

高齢者における消化管障害マネジメント 〜NSAIDs、骨粗鬆症の観点から〜
南房総整形外科セミナー 南房総富浦ロイヤルホテル
2017年1月19日

B型肝炎の治療
まんまる新聞 診察室から
2017年2月3日号、くらしの新聞社

消化器科肝疾患治療の実際
株式会社千葉薬品調剤実践研修 都町研修センター
2017年3月12日

便秘症の治療
まんまる新聞 診察室から
2017年5月19日号、くらしの新聞社

脂肪肝、NAFLD、NASH
まんまる新聞 診察室から
2017年9月1日号、くらしの新聞社

進歩する糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」
まんまる新聞 診察室から
2018年1月12日号、くらしの新聞社

血便が続いたら潰瘍性大腸炎かも
まんまる新聞 診察室から
2018年4月27日号、くらしの新聞社

内視鏡検査の札幌藤島クリニックへのアクセス
医療講演会実施受付中
大腸内視鏡検査の流れ
胃内視鏡検査の流れ
当院の活動報告
診療時間
診療時間
一宮 藤島クリニック
一宮 藤島クリニック

copyright(c) Toyukai medical corp. allright reserved.