ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬

■高血圧症治療薬です

ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MR拮抗薬)とはあまり聞きなれませんが、高血圧治療薬(降圧薬)の一種です。高血圧治療ガイドライン2019を参照すると、カルシウム拮抗薬、ARB、・・と続き、8番目に記載があります。ずいぶん下の方です。ただし重要性が低いというわけではなく、治療抵抗性高血圧に有効であり、心不全、心筋梗塞後にも有用です。スピロノラクトン(アルダクトンA)、エプレレノン(セララ)、エサキセレノン(ミネブロ)などがあります(カッコ内は商品名)。

■作用機序

腎臓の尿細管(主に集合管)のミネラルコルチコイド受容体(MR)に作用します。アルドステロンがMRに結合するのをブロックし、ナトリウムの再吸収およびカリウムの排泄を抑制します。カリウムは保持しつつナトリウム排泄を促進し、降圧効果をもたらします。

■効果と注意点

MRはアルドステロンを介さない経路でも活性化し、血圧上昇および臓器障害を引き起こします。MRを抑制すると、血圧を下げると共に臓器保護効果があり、心不全や心筋梗塞後において予後を改善することが大規模臨床試験で証明されています。タンパク尿を減らす効果も確認されています。

一方、RA系阻害薬との併用や、腎機能障害などで高カリウム血症を生じることがあり、注意を要します。腎障害がある場合は、程度に応じて減量もしくは使用禁忌です。タンパク尿を伴う糖尿病では使用が制限されているものもあります。

■使用方法

通常の高血圧の場合、ARB, ACE阻害薬、もしくはカルシウム拮抗薬、もしくはサイアザイド系利尿薬のいずれかで治療を開始し、十分な効果が得られない場合はそれらを併用します。それでもコントロール目標に達しない場合、治療抵抗性高血圧としてMR拮抗薬の追加を検討します。慢性心不全でも以下のように使用が推奨されています。

*1 ループ利尿薬、ACE阻害薬がすでに投与されているNYHA心機能分類Ⅱ度以上、LVEF<35%の患者に対する投与
*2 臨床イベント発生抑制を目指してMRAを忍容性のあるなかでできるだけ増量
small>

出典:高血圧治療ガイドライン2019(日本高血圧学会)、急性・慢性心不全診療ガイドライン2017年改訂版(日本心不全学会)

胃内視鏡検査について
内視鏡検査の札幌藤島クリニックへのアクセス
医療講演会実施受付中
大腸内視鏡検査の流れ
胃内視鏡検査の流れ
当院の活動報告
診療時間
診療時間
一宮 藤島クリニック
一宮 藤島クリニック

copyright(c) Toyukai medical corp. allright reserved.