貼付剤(ちょうふざい)

■いろいろな貼付剤

しっぷのことです。肩や腰が痛いときに貼る、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)含有貼付剤がおなじみです。それ以外にも、喘息や心臓病、頻尿治療や認知症の貼付剤もあり、バリエーションは広がっています。 以下、NSAIDs含有貼付剤(痛みに使う湿布)について記します。

■貼付剤の仕組み

貼付剤は経皮吸収されることにより薬効を示します。
皮膚から薬効成分が吸収され、局所に効果を及ぼします。また、一部は体内に有効成分が移行して全身に影響を及ぼします。全身に与える効果が、内服薬と同じくらい強いものもあります。

■テープ剤とパップ剤

薄いのがテープで、厚いのがパップです。テープは薄くて剥がれにくく、粘着力も強いので、関節など動く部分に適しています。パップは水分を多く含みかぶれにくいですが、剥がれやすい性状です。

■冷湿布と温湿布

両者とも消炎鎮痛効果を持つ点では同じです。冷湿布は一般的に水分含有が多く、ハッカ油、メントールなどの冷感刺激成分を含むものがあり、貼るとひんやりして、患部を冷やす作用が期待されます。温湿布は、トウガラシエキスや、ノニル酸ワニリルアミドなどの温感刺激成分を含み、ピリピリとした刺激や温まる感じがあり、局所の血行を良くします。

理論的には、急性期の炎症には冷湿布が適しています。局所を冷やして熱を取り、血流を抑えて炎症の広がりを防ぎます。慢性の場合は、どちらでも合っていると感じるものを用いると良いでしょう。

温湿布には、MS温シップ「タイホウ」「タカミツ」、フルルバンパップ、ラクティオンパップ、フェルナビオンパップ、ロキソプロフェンナトリウムテープ「タイホウ」などがあります(2020年5月現在)。

■注意点

ロコアテープは吸収されて全身に及ぼす影響が大きいため、1日に2枚までの貼付に止める必要があります。ケトプロフェンという成分を含むもの(モーラス、ミルタックスなど)は、肌の露出部に貼ると日光過敏症による皮膚炎を生じることがあります。使用中および使用後も1~4週間は局所の紫外線暴露を避けます。温シップは、入浴すると貼付部位が熱くなって痛むことがあるので、しばらく前には剥がすようにしましょう。

出典:各薬剤添付文書

胃内視鏡検査について
内視鏡検査の札幌藤島クリニックへのアクセス
医療講演会実施受付中
大腸内視鏡検査の流れ
胃内視鏡検査の流れ
当院の活動報告
診療時間
診療時間
一宮 藤島クリニック
一宮 藤島クリニック

copyright(c) Toyukai medical corp. allright reserved.