大腸内視鏡検査について

 タバコは健康には悪いのは分かっている。でも止められないのはなぜでしょうか。それはニコチン依存症という病気だからです。ニコチン切れの禁断症状の強さは、ヘロインよりは弱いですが、コカインよりは強く、タバコを止めることの難しさは、ヘロイン、コカインと同程度であることが分かっています。よく芸能人が覚せい剤で再犯を繰り返すのが話題になりますが、ニコチンは覚せい剤にも劣らない依存性があるので、止めるのが難しいのです。

 タバコが切れるといらいらする。タバコを吸うとリラックスできる。特に朝1本目のタバコが美味しい。これは、タバコを吸うとニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)が放出されるからです。ドパミンが放出されると快感を味わい、さらにタバコを吸いたいという欲求が出ます。ニコチンが切れると離脱症状・禁断症状のためイライラするので、ニコチンを補給するためにまたタバコを吸いたくなります。特に長時間ニコチンが切れた後のタバコは美味しく感じます。タバコを吸うとリラックスできると感じるのは、実はニコチンが切れた禁断症状を解消しているに過ぎないのです。タバコは吸わないのが幸せです。

 ニコチン依存症は病気であり、意思の力だけで治すのは難しいので、禁煙治療が健康保険で受けられます。禁煙すれば、健康面以外でも美容や金銭面、社会的な信用の回復など、大きなメリットが得られることでしょう。

 是非この機会に禁煙しましょう。

胃内視鏡検査について
胃内視鏡検査について 
内視鏡検査の札幌藤島クリニックへのアクセス
医療講演会実施受付中
大腸内視鏡検査の流れ
胃内視鏡検査の流れ
当院の活動報告
診療時間
診療時間
一宮 藤島クリニック
一宮 藤島クリニック

copyright(c) Toyukai medical corp. allright reserved.